かたやまの家づくり こだわり編

かたやまの家づくり こだわり編


HOME > かたやまの家づくりこだわり編 > 夏涼しくて、冬暖かい家
  • イベント見学会情報
  • Pick up Content
  • スタッフ紹介
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 資料をもらおう!

びっくりするほどの夏の涼しさ、冬の暖かさ

外断熱工法には30年の経験があり、材料の進化とともに私たちの考え方も変わり、家の構造でいう強さ、丈夫さに次いで温熱環境が大事と考えております。
このことにより家の省エネにつながり、ヒートショック(温度差による身ぶるい)もなくなり、エアコン等の使用も少なく暖炉などの暖かさも家中に広がります。ランニングコストの低減に結びつくことになります。

夏の暑さ対策・遮熱対策・屋根裏空間の活用

夏には窓から陽を取り込みたくはありませんし、夏の西日を受けるお宅は遮熱を考えなければなりません。
この遮熱対策のポイントは、住宅の暑さは屋根面から受ける輻射熱が原因の75%と言われていることにあります。
片山建設では、外断熱工法に積極的に取り組み、屋根用の断熱材から遮熱材の使用により効率が画期的に上がり、屋根裏空間と通常の部屋の室温差が少なく、屋根裏空間を最大限に活用できるようになりました。

外断熱工法でヒートショックの少ない家づくり

一般の住宅では寒い時期、暖房機を使っている部屋は暖かいのですが、一歩その部屋を出ると、廊下・トイレ・脱衣所で強い身震いを起こすことがあります。
このことを『ヒートショック』と言います。高齢者にとっては脳卒中などになりかねません。
断熱が効率よく機能し、暖かい家をつくることが絶対的に必要です。
ですから、外断熱工法で快適な温熱環境の家づくりをご提供します。

冬季に天然木の床を素足で歩く・・・

床を素足で歩くことは、とても気持ちがいいです。フロア材には堅木とやわらかい木がありますが、乾燥機で木材のかんすい率をずいぶん低く抑え、杉材などもフローリングとして十分使用できるようになりました。
天然木のフローリングは、その室温に近づく特長があります。暖房で暖められた木の温度は、すぐには冷めませんから、気持ちよさが持続します。

「足の裏は第二の心臓」

足の裏は第二の心臓とも言われ、足の裏で冷たさを感じ取り、それが信号になって、末梢部の血管が急激に収縮します。
そして脳卒中などになります。床の温度は人体にとって大切な要素の一つなのです。
片山建設の住宅では冬季に入って暖房を使い始めると床下換気口を締め切ってしまい、春になり家の中で暖房機を使用しなくなると床下換気口を開けます。
つまり「床下換気口が開閉式」になっており、1年に2度開け閉めをします。
床下に冷たい空気は入りませんから、暖房して折角暖まったフローリングの熱を奪わずにすみます。

かたやまの家づくり〈こだわり編〉項目一覧

  • はじめに
  • こだわりのポイント1・2・3
  • 夏涼しくて、冬暖かい家
  • 太陽の恵みと風通、土地・環境
  • 空間を最大限に利用する知恵
  • 人と家が呼吸する、病気をしない家
  • 家をきれいに見せる収納家具
  • 木組みを化粧現わしとする
スタッフブログ
  • 専務日記
    工務店の専務の設計や現場管理、感じた事や想いたまに関係ない私生活。
  • 事務員ブログ
    キッチンに立つ女性に向けた息抜きブログ
  • ポケットの答え合わせはこちらをクリック!!
営業エリア

藤枝市、焼津市、島田市、静岡市葵区、静岡市駿河区、静岡市清水区、吉田町、牧之原市、御前崎市
菊川市、掛川市、袋井市、磐田市、浜松市

HOME > かたやまの家づくりこだわり編
Copyright(c)2012 KATAYAMA-KENSETSU Co.,Ltd. All Rights Reserved.