かたやまの家づくり 工法編

かたやまの家づくり 工法編


  • イベント見学会情報
  • Pick up Content
  • スタッフ紹介
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 資料をもらおう!

フラット天井

一般的には、室内の天井は2m40cmの高さの水平な形で仕上げるのが圧倒的に多く利用されています。 かたやまの家づくりも、2m40cmの高さが多いのですが、お客様の中には「今まで住んでいた家が天井が高いので、高くしてもらいたい」との要望も数多くあります。天井を高くして空間が広いと、爽快に感じアッと思わせるダイナミックな空間を感じさせます。高い家ですと 2m70cm、3m といった高さのものもあります。かたやまの家はオーダーメイドですから、お客様の要望をカタチにすることができるのです。
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
水平な天井は、照明などを埋め込む場合、又は天井に器具が隙間なくつく直付けなどの場合に適しております。

勾配天井

勾配天井は、屋根の形状通りにその下の空間を最大に利用する場合につくらせていただいております。この勾配天井の最も高い所は、2m40cmの天井に比べて3mから4mもの空間をつくることができますので、開放的な感じを受けます。
屋根下の空間を最大に利用する場合は、ほとんどが勾配天井にして利用しております。これも外断熱工法の温熱環境のおかげでできることなのです。
高い空間と、低い空間の取り方で、すっきりとシンプルに、バランスよくつくることにしています。高さは、床の広さとのバランス、窓の高さ・大きさとも合うことが必要と考えております。

もうひとつの工夫ともうひとつの現わし方

かたやまの家づくりには、もうひとつの工夫ともうひとつの現わし方が重要になります。それは、木組の構造材を化粧として見せる工夫です。大きな梁組、丸太組の梁組は、ダイナミックで頑丈な強さのシンボル的な表現になります。形づくられた木架構では、それ自体がインテリアのひとつになります。
これも工場でのプレカット加工だけでなく、現場でのひとつひとつの仕上げの工程を大切に、丁寧に仕上げることによる美しさがあります。かたやまの家づくりは、お客様の木を大切に扱います。

かたやまの家づくり〈工法編〉項目一覧

  • はじめに
  • 2つの仕事
  • 2つの工法
  • 2つのカタチ
  • 2つの工夫
  • 外断熱工法の採用
  • 高耐久性の家
  • 外構工事
  • こだわりの基礎工事
スタッフブログ
  • 専務日記
    工務店の専務の設計や現場管理、感じた事や想いたまに関係ない私生活。
  • 事務員ブログ
    キッチンに立つ女性に向けた息抜きブログ
  • ポケットの答え合わせはこちらをクリック!!
営業エリア

藤枝市、焼津市、島田市、静岡市葵区、静岡市駿河区、静岡市清水区、吉田町、牧之原市、御前崎市
菊川市、掛川市、袋井市、磐田市、浜松市

Copyright(c)2012 KATAYAMA-KENSETSU Co.,Ltd. All Rights Reserved.