かたやまの家づくり 工法編

かたやまの家づくり 工法編


  • イベント見学会情報
  • Pick up Content
  • スタッフ紹介
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 資料をもらおう!

仕事1.注文住宅の新築

私達は日本で住まいを考える時、構造は木造住宅が一番と考えています。
その理由の一つに、日本の気候風土があります。
世界中で四季のある国日本、そして高温多湿で人に合った住まいづくりは、
木造住宅が一番最適であると考え、木造の家づくりを行っています。

高温多湿の気候風土には木造住宅

かたやまの家づくりは木造住宅です。木造住宅専門店として34年が経ちました。 日本での家づくりは、様々な工法でつくられています。主構造で考えれば、主に木造・鉄骨・コンクリートの3種類です。 木造でも在来軸組工法・大断面金物接合工法・2×4工法・パネル工法・丸太組工法などが挙げられ、いろいろなものが採用されています。日本の気候風土を考えると、在来軸組工法が一番適していると思いますので、木造住宅を2種類の工法でつくり続けていきます。1つは昔からあった在来軸組工法・もう1つは大断面軸組金物接合のロケット工法です。

高温多湿の気候風土に健康的な工法

高温多湿である日本の気候風土にふさわしい健康的な木造住宅。暮らし方の変化に柔軟に対応できる増改築の容易な住まいは、人が日本で住み続ける限り、人のための"木の住まい"になるでしょう。 木の住まいの良さは、動物実験でも立証されています。これは静岡大学農学部の実験からもわかります。木製ゲージ/コンクリート製ゲージ/鉄製ゲージで、ネズミの生存率・体重の変化を比べた結果、だんとつに木製ゲージが良い結果を出しているのです。このことからも、人間にとっての住まいは木造住宅が良いとわかるのであります。

仕事2.リフォーム工事 ・ 増改築工事

住まいにさらなる快適性を求めることは、
人間の当たり前の欲望であり、原点だと思います。
基本となる新築住宅にさらに増改築又は改修をし、
さらなる快適性のお手伝いを延々と続けていきたい。
かたやまの家づくりにさらなる快適性、機能性を追加します。

かたやまの家づくり〈工法編〉項目一覧

  • はじめに
  • 2つの仕事
  • 2つの工法
  • 2つのカタチ
  • 2つの工夫
  • 外断熱工法の採用
  • 高耐久性の家
  • 外構工事
  • こだわりの基礎工事
スタッフブログ
  • 専務日記
    工務店の専務の設計や現場管理、感じた事や想いたまに関係ない私生活。
  • 事務員ブログ
    キッチンに立つ女性に向けた息抜きブログ
  • ポケットの答え合わせはこちらをクリック!!
営業エリア

藤枝市、焼津市、島田市、静岡市葵区、静岡市駿河区、静岡市清水区、吉田町、牧之原市、御前崎市
菊川市、掛川市、袋井市、磐田市、浜松市

Copyright(c)2012 KATAYAMA-KENSETSU Co.,Ltd. All Rights Reserved.