家をきれいに見せる収納・家具

ウォークインクローゼット、キッチン納戸、玄関納戸のご提案

かたやまの家づくりは、十分な収納スペースをご提案します。

日本人の持ち物は、欧米人の4~5倍あると言われています。日本人はもったいない精神によりなかなか物を捨てられません。どんどん貯まる一方です。

アメリカ人は、一年に一度、自分たちのいらなくなった物をガレッジセールをします。それでも売れなかったものは、友人にあげてしまうという暮らし方をしています。

捨てられない物を押入れに詰め込むのではなく、何がどこにあるか一目で分かるように整理整頓ができれば、ムダな労力も使わなくて済みます。そういった用途によって主寝室にウォークインクローゼットは絶対必要なものになりました。

勝手口のレール式収納キッチン納戸①キッチン納戸②

 

 

 

 

 

 

 

主婦が一番労力を使っているキッチン廻りにキッチン納戸があれば、キッチンもきれいに片付きます。

そしてもうひとつは玄関です。
子供の靴が玄関に散らばっていては、お母さまが恥をかくことになりかねません。玄関ホール横に玄関納戸があり、きれいに靴が収納できるスペースがあれば、片付けもラク、取り出しもラクになります。こんな設計をさせていただいております。

畳コーナー下の引出し収納

ウォークインクローゼット

造作家具(パソコンデスク・収納)

 

 

 

 

 

 

収納に対する考え

人の生き方も個性がそれぞれで豊かな生活になってくると持ち物も必要と増えてきます。
居室の収納は当たり前の時代に、どうしてもキッチン廻りでの収納力が必要になっています。

オシャレも多種多様で、靴も1人が何足も持っている時代で、玄関カウンター(くつ箱)だけでは収まらないようになってきており、玄関納戸が必要になっています。

かたやまの家づくりでは外断熱工法の採用により、屋根裏空間などのデッドスペースが以前では考えられない温熱環境で居室と同じように使用することができるようになっています。これらの空間を最大限利用して収納などに活用することができます。

勾配天井を利用した収納スペース

クローゼット

玄関納戸

 

 

 

 

 

 

 

自分だけの家具を造り付けにする

私たちはお客さまだけの家具を造り付けています。中でも手造りテーブルはとても良い感じで、これこそ愛着のある家づくりの一品になります。その他、造り付け収納棚、手洗いカウンターなど、オンリーワンの物を造り付けいたします。

 


片山嘉浩 の紹介

工務店の社長として設計から施工管理・現場仕事までこなしています。 お客様の大事な住宅づくりに当社の独自のアクセントを加えてより良い 住宅にしていくお手伝いをさせて頂いています。自分なりの設計や 現場へのポリシーも大切にしながらお客様と作り上げています。 住宅造りは専門用語の方も多くわかるづらい事もなるべく専門 用語を使わず説明しています。
カテゴリー: 新築の内装を決めるには, 木造住宅の魅力 パーマリンク

コメントは停止中です。