月別アーカイブ: 1月 2018

家を長持ちさせる5つのポイント

地盤調査の後、保証会社の指示のもとに基礎工事を行う     基本的には全体が一体化した「べた基礎」を採用し、かつ地盤面からの基礎高を充分に確保(40cm以上) 一体化コンクリートは、コンクリート下の土 … 続きを読む

カテゴリー: 木造住宅の魅力 | 家を長持ちさせる5つのポイント はコメントを受け付けていません。

住空間を変える天井の工夫

フラット天井     一般的には、室内の天井は2m40cmの高さの水平な形で仕上げるのが圧倒的に多く利用されています。 お客様の中には「今まで住んでいた家が天井が高いので、高くしてもらいたい」との要望 … 続きを読む

カテゴリー: 木造住宅の魅力, 新築の内装を決めるには | 住空間を変える天井の工夫 はコメントを受け付けていません。

柱を見せる or 柱を見せない?

家づくりで、構造材の柱を見せる仕上げがあります。和室や日本の古い住宅では、柱が仕上材として見えておりました。最近の家づくりでは、和室もこの構造材の柱を見せない方法がほとんどになってきています。 和室は真壁工法でやるのが趣 … 続きを読む

カテゴリー: 新築の内装を決めるには | 柱を見せる or 柱を見せない? はコメントを受け付けていません。

「在来」ってよく聞くけど何のこと?

    「在来」とは、日本に昔からあったという意味で、土台や柱・梁といった木の角材(軸材)を使用し、これらの軸材を組み合わせてつくっていく工法を『在来軸組工法』といいます。   適材を適所に … 続きを読む

カテゴリー: 木造住宅の魅力 | 「在来」ってよく聞くけど何のこと? はコメントを受け付けていません。